So-net無料ブログ作成
検索選択

    20109月にオリンパス講座第二回写真展が97日から開催されました。

    PhotoArtist 2010写真展  ギャラリー・ルデコ 3F(渋谷)

   「小湊鐵道で表現する十人十色の風景」

   大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。

 

journey_dm_F_240x165.jpg 第2回目となる8Jクラス写真展「Journey」が10月に開催されました。

 場所は、九段下にあるGallery CORSOです。

 

 大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。 

 

 

 

よろしければ、こちらの新しいURLへご変更下さい。

http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp

2011年を機会にblogを新装しました。「Kiyo's blog 2011をよろしくお願いいたします。

14-35mm F2.0SWDレンズのもたらす夜景撮影。夜景撮影編その2 [DSLR/14-35mm SWD]

昨日から、暗夜行路さんが入手された14-35mmに手こずっている話が出ています。

このレンズは、意外に手強いです。
あちこちに書いたことをまとめてみました。

14-35mm F2.0SWDレンズの使い方、雑記。

このレンズには多少の癖があって、限界ギリギリには強いですが、普通の撮影をしているときには、普通の写りしかしないことがあります。

光が少ない状況、逆に、光に溢れ居ている状況で、撮りにくい状況ほど、冴えわたる性能のようです。

朝、朝日が昇る前の「夜明け前」のトワイライトタイムに、広大な空のグラデーションを最も美しく撮れるレンズです。

じゃじゃ馬ですが、乗りこなすというよりも、良さが出る使い方を、こちらが覚えるという方が、手っ取り早いと思います。

そんなに難しい事ではなくて、キッチリ撮ること、しっかりフォーカスして、ピント位置を一点に集中して撮る事、Summiluxに通じるのですが、例えば、お箸を撮るときに、手前にピントを合わせたら、後はボケるのですから、それにあう構図、雰囲気を撮らないと勿体ないです。

浅いフォーカスのフォーカス面が、どこの部分に当たるかを意識するだけです。

漠然と、被写体のど真ん中にフォーカスすると、すこし間の抜けな写真が撮れてしまいます。

○一つコツですが、最短撮影距離は、35cmと、この手の大口径レンズとしては、そこそこ寄れる方ですが、38cm~35cmギリギリは、AFに頼らないことです。
とくに、35cm近辺は、AFではそこそこの位置で止まってしまうので、少し離れるか、ギリギリの距離で、ギリギリのフォーカスの場合は、MFです。
実は、このMFであれば、35cm未満でもピントが合う場合があるようです。

根が適当な私は、それ程、苦労した覚えがないのですが、これはという一枚は、やはり、適切な位置に、1mmの狂いもなく、フォーカス位置(ピント)がピッタリ合っている場合だと思います。

そして、露出ですが、基本的に明るいレンズとしての性向どおりです。
かなり逆光でもキレイに撮れますので、できるだけ、明るい露出にした方が良い結果かも知れません。

京王プラザホテルのとあるショールーム前にて。
E-3+14-35mm F2.0 SWDにて。
E3281138_developed.jpg
三井新宿ビル前の人工滝にて。
E-3+14-35mm F2.0 SWDにて。
E3281148_developed.jpg



昨日の続きですが、夜の街での撮影は、14-35mmの実力の一端かに過ぎませんが、そこには、驚愕の写りがありました。
光と影を映す。
光と反射を写す。
どこまでも、目に見えていないモノまで写し込む。
濃い色が映える。

多くを語らなくても、そこには、14-35mmが、私はこうだよと、語っています。
<ここでの説明は、後で追記するかもしれません。>

ここの記事は、もう少し続く。かもしれません。


写真の続きです。

三井新宿ビル前の人工滝にて。
E-3+14-35mm F2.0 SWDにて。
E3281149_developed.jpg
三井新宿ビル前の人工滝にて。
E-3+14-35mm F2.0 SWDにて。
E3281150_developed.jpg
三井新宿ビル前の人工滝にて。
E-3+14-35mm F2.0 SWDにて。
E3281151_developed.jpg
三井新宿ビル前の歩道の女性。
E-3+14-35mm F2.0 SWDにて。
E3281152_developed.jpg
ロイヤルホスト前にて。
E-3+14-35mm F2.0 SWDにて。
E3281154_developed.jpg



nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 3

白覆面

Kiyoさんこんばんわ。

私も14-35mmに手こずっている一人です。

>どこまでも、目に見えていないモノまで写し込む。
薄暗い状況ではまさに「目に見えていないモノまで写し込む」といった表現がピッタリです。

SUMMILUX 25mmだと、素人の私が使っても「おっ!俺って上手いぢゃん」と錯覚させてくれる写真が撮れる事が(たま~に)あるのですが、14-35mmでは今の所「おおっ!」と唸る写真を撮らせてくれません。

本日の記事で何か14-35mmを攻略する糸口が見えてきたように思います。

by 白覆面 (2009-03-02 22:30) 

kiyo

白覆面さん、
こんばんは。
コメントありがとうございます。
白覆面さんも苦労されているのですね。

よろしければ、どんな状況なのかをお教え頂けるとありがたいです。
悩んでいる点や、こう撮りたいのに、こういった結果になってしまうという点を、Summiluxとの比較なんかが、分かりやすいですが、ご提示頂いて、それを、なんとか出来ればと思います。

そして、白覆面さんも、暗夜行路さんも、お持ちの方、みなさんが、活用できるようになって欲しいと願っています。


by kiyo (2009-03-03 00:28) 

暗夜行路

おはようございます。
そういえば、同じF2でも50mmF2Macroはそういうことをあまり感じませんでしたね~。
50mmのF2だから更にピントが浅いはずなのですが。

まぁ、ぼちぼち14-35を使っていきますよ。
でも先週は花粉症でやられてしまったので、外出の機会がこの季節は減りそうです。ものはあるのに撮れないというさびしい状態(><;
by 暗夜行路 (2009-03-04 10:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

いよいよ、最新のフラグシップ機の予約発売開始。E-5発売キャンペーン。
フラグシップと同等の機能を軽量化し、さらに機能アップしたE-30です。
E-30に迫る性能を凝縮した超小型一眼レフを使ってみませんか?
EVFも装着可能になったオリンパスのマイクロフォーサーズ機の上位機種登場です。
いよいよ登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ機を如何ですか?
MYBOOKで、オリジナルフォトブックを作ってみませんか?
簡単MYBOOKならば、写真をアップロードするだけで、フォトブックができます。