So-net無料ブログ作成

    20109月にオリンパス講座第二回写真展が97日から開催されました。

    PhotoArtist 2010写真展  ギャラリー・ルデコ 3F(渋谷)

   「小湊鐵道で表現する十人十色の風景」

   大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。

 

journey_dm_F_240x165.jpg 第2回目となる8Jクラス写真展「Journey」が10月に開催されました。

 場所は、九段下にあるGallery CORSOです。

 

 大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。 

 

 

 

よろしければ、こちらの新しいURLへご変更下さい。

http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp

2011年を機会にblogを新装しました。「Kiyo's blog 2011をよろしくお願いいたします。

「Dynamic Objective-C」のご紹介。 [Mac]

今日は、特別ページを作成します。

敬愛するHDMTのkinoさんが、新しい開発の書籍を出されています。

そして、最新の書籍が、「Dynamic Objective-C」です。
Dynamic Objective-C

Dynamic Objective-C

  • 作者: 木下 誠
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2009/03/27
  • メディア: 単行本
マイコミジャーナルで3年半も連載していた「ダイナミックObjective-C」を書籍化した本です。
iPhoneの開発や、Mac OSXの開発で注目浴びている開発環境Cocoaのベースとなっているコンピュータ言語、それが、元々は、NeXT社が開発したObjective-C言語です。
そして、NextSTEPと共に、スティーブ・ジョブズが、Appleにもたらした多くのNeXT譲りの偉大なソフトウエアの金字塔の一つが、このObjective-Cであり、OSXと化したNextSTEPであり、Cocoa開発環境です。

他の環境ではなかなか利用されないObjective-Cも、iPhoneの開発言語であることから、急速に利用者を増やしています。iPhone向けのAppStoreで販売されているゲームも、辞典/辞書ソフトも、星の数ほどもあるアプリケーション達も、このObjective-Cなしには、語れない=作成できないわけです。

この優しくも、難しい、Objective-C言語を新たなる切り口で紹介していたのが、kinoさんのマイコミジャーナルでの「ダイナミックObjective-C」の連載です。
この連載を書籍化したのが、ご紹介する「Dynamic Objective-C」です。

その目的は、残念ながら、言語習得ではありません。
ということは、初心者向きでもありません。
少なくても、Objective-C言語のなんたるかを知っている方、
あるいは、iPhoneの開発や、Cocoa環境でのOSX向け開発をされている方、
あるいは、そういった開発に飽き足らなくなった方々、
そして、開発の息抜きに、頭の知恵を使う為に、読んでみては如何でしょうか?

詳しくは、以下のkinoさんの紹介ページもご覧頂いて、是非、手にとって読まれることをお奨めします。

cover_bnn_doc.jpg




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

いよいよ、最新のフラグシップ機の予約発売開始。E-5発売キャンペーン。
フラグシップと同等の機能を軽量化し、さらに機能アップしたE-30です。
E-30に迫る性能を凝縮した超小型一眼レフを使ってみませんか?
EVFも装着可能になったオリンパスのマイクロフォーサーズ機の上位機種登場です。
いよいよ登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ機を如何ですか?
MYBOOKで、オリジナルフォトブックを作ってみませんか?
簡単MYBOOKならば、写真をアップロードするだけで、フォトブックができます。