So-net無料ブログ作成

    20109月にオリンパス講座第二回写真展が97日から開催されました。

    PhotoArtist 2010写真展  ギャラリー・ルデコ 3F(渋谷)

   「小湊鐵道で表現する十人十色の風景」

   大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。

 

journey_dm_F_240x165.jpg 第2回目となる8Jクラス写真展「Journey」が10月に開催されました。

 場所は、九段下にあるGallery CORSOです。

 

 大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。 

 

 

 

よろしければ、こちらの新しいURLへご変更下さい。

http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp

2011年を機会にblogを新装しました。「Kiyo's blog 2011をよろしくお願いいたします。

人物撮影講座エピソードII(全5回)を終えて。 [徒然な話]

オリンパスデジタルカレッジの人物撮影講座エピソードIIが、終了しました。
土屋先生が、提案したというエピソードI、IIという名称でのレベルアップ講座の第一弾でした。
土屋先生ご自身は、ご自分の愛称Tsu-に引っかけて、エピソー怒Tsu-とも、エピーソー怒Tsu-最終章とも記されておられます。

如何に、これ以前の講座が、お客様扱いであったかが、実感させられた2回の撮影実習でした。

ロケ撮影が、1回に、本格的なスタジオ撮影(の入門、体験コース)が1回でした。

それでも、単なる撮影会と違って、実践的だと思っていた従来のエピソードIレベルが、Tsu-先生に頼り、アシスタントさんに頼り、モデルさん達にたより、オリンパススタッフに頼り、自然の背景や風景・建物の光景に頼り、自然光に頼り、また、何よりも、パシャパシャと連続してシャッターを撮る事でシャッターチャンスに頼っていたかが実感させられました。

いざ、スタジオで撮ってみると、
◎モデルさんへの指示は、自分たちが、100%出すこと、
 指示できないと、同じような撮影結果の連写になってしまいます。
◎ポーズ指示、やって貰いたい仕草など、次々指示出しすること、
 指示できないと、次のショットが撮影出来ません。
◎特に、ストロボ撮影では、シャッタースピードがあまり意味がないこと。
 超高速で、大型ストロボが発光している中では、シャッタースピードは、明るさには関係ないです。
 シャッタースピードも、1/30〜1/125秒程度ですので、多少のスローシャッターを可変する程度です。
◎ストロボ撮影では、3・2・1・ハイっと、4秒間隔での撮影であること。
 タイミングを合わせることが大変。
◎シャッターチャンスは、自分で作ること。
 上記のモデルさんへの指示と、ストロボのシャッタータイミングなど、全ては、自分で計算してチャンスを作りに行かないと、自然界のようにパシャパシャと撮る中から選ぶコトはできません。
 沢山撮って、良い一枚を選ぶという間隔は通用しません。
 出来るだけ、良い物が撮れるチャンスを作って、撮りに行くという、フィルム時代のような感覚が重要です。
 30枚しか撮れない、36枚しか撮れない、連続して撮る事もできない、だからこそ、頑張るのです。

今回のオリンパス幡ヶ谷スタジオにおいて、ホリゾントでのスタジオ撮影は、非常に勉強になりました。
また、最短3日とか4日という撮影実習から講評会という間の少なさは、
 撮影する事の時点でのフィニッシュ、セレクトの重要さと、
 短期間、短時間での加工・印刷を自ずと要求した為、非常に実践的な講習となりました。

自分では、ポーズと指示の段取りの悪さを自覚していたのですが、
土屋先生は、しきりに、多くの参加者への講評で、モデルへのポーズの指定は関係ない事、ポーズ出しに拘ってばかりであると不自然なポーズの撮影、ポーズのための撮影に陥ってしまう危険を指摘されていました。
そして、ファッション雑誌などを例にして、写真撮影と言うことが、如何に、不自然なポーズを要求するコトなのかと、逆に、如何にしたら、モデルさんに自然に見えるポーズや仕草をして貰えるかを指示できるかというコトが重要であるかを認識させられました。
具体的な指示も重要ですが、イメージを伝える事で、モデルさんにイメージの方向で、自然なポーズをとってもらうことが重要なこともあるようです。

今回は、参加の皆さん、全員、全滅でした。
Tsu-先生の飴の総取りでした。

た、たまたま、「よくプリントできたで賞」を頂けました。
今後の課題として、やはり、人物撮影の基本であるモデルさんを、如何に、キレイに撮るか、見た人達に印象深く思って貰える写真を撮るか、モデルさんの魅力を引き出せるかを、撮れればと思いました。

次回、エピソードIIIに期待ということでした。

 今日の写真は、今回の最終の提出作品です。

千代さんの写真は、モノクロームに変換しました。
XB148705_Dfine_Viveza_Sharpner_SilverEfexPro_750x1000.jpg

そして、美月ちゃんのポーズ2枚の写真です。
XB148769_Dfine_Viveza_TopazAdjust3_Sharpner_750x1000.jpg

XB148779_Dfine_Vivieza_TopazAdjust3_Sharpner_750x1000.jpg




nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 3

gyaro

人物撮影やってみたいです^^
by gyaro (2009-11-19 09:53) 

penny

「よくプリントできたで賞」おめでとうございます ^^
by penny (2009-11-19 12:16) 

kiyo

gyaroさん、
コメントありがとうございます。
人物撮影には、いろいろな撮影の要素が全て備わっていると思います。
また、都会を背景にしてスマートに撮る事もあるでしょうし、田園風景を背景にして、旅情緒をだして撮る事もあると思います。
それだけに、難しくて、奥が深いです。

pennyさん、
いつも、コメントありがとうございます。
ここ最近の講座では、「印刷」は褒められるのですが、肝心の主体がどうも今ひとつでしょうか。
幸いなのか、不幸なのか、皆さんが沈没したので、印刷のよさが浮かび上がってくれたようです。


by kiyo (2009-11-20 10:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

いよいよ、最新のフラグシップ機の予約発売開始。E-5発売キャンペーン。
フラグシップと同等の機能を軽量化し、さらに機能アップしたE-30です。
E-30に迫る性能を凝縮した超小型一眼レフを使ってみませんか?
EVFも装着可能になったオリンパスのマイクロフォーサーズ機の上位機種登場です。
いよいよ登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ機を如何ですか?
MYBOOKで、オリジナルフォトブックを作ってみませんか?
簡単MYBOOKならば、写真をアップロードするだけで、フォトブックができます。