So-net無料ブログ作成

    20109月にオリンパス講座第二回写真展が97日から開催されました。

    PhotoArtist 2010写真展  ギャラリー・ルデコ 3F(渋谷)

   「小湊鐵道で表現する十人十色の風景」

   大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。

 

journey_dm_F_240x165.jpg 第2回目となる8Jクラス写真展「Journey」が10月に開催されました。

 場所は、九段下にあるGallery CORSOです。

 

 大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。 

 

 

 

よろしければ、こちらの新しいURLへご変更下さい。

http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp

2011年を機会にblogを新装しました。「Kiyo's blog 2011をよろしくお願いいたします。

オリンパスデジタルカレッジの人物撮影講座episode Iの講評会の日でした。 [徒然な話]

今日は、タイトルの通りですが、人物撮影講座episode Iの地獄の講評会の日でした。
今回、忙しい最中と思いますが、松本社長と、モデルの中根可奈子さんが、参加して頂けました。

ちなみに、今回のepisode Iの初回の講義では、多分、オリンパスの講座で始めて、
25階のセミナールームで行われました。
ただ、せっかくの高層階、夜景はどうかといえば、
方角の関係か、近所のビルしか見えなくて、ガッカリでした。

今回の講評会は、いつもの3階セミナールームでした。

撮影実習の前半と、後半で分けて、2回の講評となりました。
まず、前半戦ですが、可もなく、不可もなくでしょうか?

9-18mmレンズの9mm側超広角で撮影した一枚が皆さんにも評価頂けたのですが、
なかなか、飴玉の数は伸びませんでした。
やはり、始めて参加の方が多いので、ポートレイトらしいアップの写真が高評価として選ばれていました。

全ての画像は、RAWから、Adobe Camera RAW 5.6で現像して、そのままPhotoshop CS4で、修正加工したモノです。

今回、新しいRAW現像の趣向として、Camera RAWでのRAW現像時に、「明瞭度」(シャープネスだと思います)を、思いっきりマイナスに補正して、明るい補正する形で、全体的に緩い感じにしています。

そして、後半戦ですが、思いも寄らない好評価を頂きました。
確かに、前半戦の講評を終えて、単純なアップよりも、背景や、モデルさんと背景のバランスで評価が変わっています。

下記の写真4)の「桜の木の下で」が、飴玉数7個で、後半戦の一位となりました。
もう一枚の写真3)の「溢れる光」も、高評価を頂いて、飴玉5個で、5位となりました。

高評価を頂いた写真4)の「桜の木の下で」ですが、150mm F2.0レンズとE-P1を使って、匍匐状態で撮られている土屋先生の直後で、私の方は、35-100mm F2.0レンズを使用して、95mm前後の焦点距離(35mm換算190mm相当)の望遠で撮影しています。土屋先生の匍匐状態ではないですが、中腰で、背景の入る範囲を調整して、桜の枝・花が入る入る・入らないのフレームの調整をしているように見えていたりしています。

土屋先生、松本社長、モデルの中根可奈子さん、
オリンパスのKさん、Tさん、
参加の皆さん、ありがとうございました。



前半戦の2枚。
1)「見上げて」
 前半戦の5位くらい。飴4個でした。
レンズモデル: OLYMPUS 9-18mm F4.0-5.6
露出時間: 1 / 400秒
フラッシュ: ストロボ発光せず、自動発光モード
F ナンバー: 4.0
レンズ焦点距離: 9mm
ISO スピードレート: 125
露出補正値: 0
X4118518_Dfine_Viveza2_Sharpner_750x1000.jpg

2)「新緑の君へ」
 前半戦、飴2つでした。
レンズモデル: OLYMPUS 35-100mm Lens
露出時間: 1 / 125秒
F ナンバー: 2.0
レンズ焦点距離: 93mm
ISO スピードレート: 100
露出補正値: +1.0
X4118617_Dfine_Viveza2_Sharpner_1000x750.jpg

ここから、後半戦です。
3)「溢れる光」
 飴玉5個で、後半戦の第5位でした。
レンズモデル: OLYMPUS 14-35mm F2.0 SWD
露出時間: 1 / 200秒
F ナンバー: 3.5
レンズ焦点距離: 14mm
ISO スピードレート: 100
露出補正値: +1.7
X4118898_Dfine_Viveza2_Sharpner_750x1000.jpg

4)「桜の木の下で」
 飴玉7個で、後半戦の一位と言う事で、久しぶりの優秀賞となるようです。
レンズモデル: OLYMPUS 35-100mm Lens
露出時間: 1 / 200秒
F ナンバー: 2.0
レンズ焦点距離: 95
ISO スピードレート: 100
露出補正値: +1.0
X4118911_Dfine_Viveza2_Sharpner_750x1000.jpg


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 7

コメント 4

sira

全体的に、寄ったり引いたり変化があって、
撮るときはもちろんセレクトにも気を使った感じを受けます^^
最後の綺麗な一枚は、その中でも核になる作品だと思いました。

by sira (2010-04-22 07:29) 

kiyo

siraさん、
niceと書込みをありがとうございます。

写真をお褒め頂きありがとうございます。


今回は、何枚かが、狙い通りに撮れていて、少しは、思ったとおりに撮れたようですが、一重に、Tsu-先生や、モデルの加奈子さん、そして、季節の桜の花のお陰です。

実は、セレクトはそれ程苦労していません。良いショットが、自然に浮かび上がってきたからです。
撮れた時に、コレはという一枚、二枚があるのは、とても良い経験になりました。

RAW現像や仕上げでも、少しチャレンジしてみました。
クッキリと「明瞭度」を上げるのではなくて、思いっきり下げて、ファンタジックフォーカス的な芯が残っているけれど、モヤっとした、フワッとした現像を試しました。

特に、最後の一枚は、それを意識して仕上げていきました。


用紙も、前回のエピソードIIでの小春さんのお奨めのピクトリコ「デザインペーパー」を使用してみました。
普通のアート用紙よりも、ベタッとならないで、普通な感じのキレイな仕上がりがとても良いです。

by kiyo (2010-04-22 09:41) 

soltylife

1枚目の広角、ダイナミックで良いですね。
でもやっぱり僕も、最後の1枚が一番好きです(^_^)
今にも宙にふわっと浮き立ちそう。。
by soltylife (2010-04-24 06:32) 

kiyo

soltylifeさん、
書き込みありがとうございます。

1枚目の9-18mmも非常に広く撮れて良いレンズだと思います。
3枚目は、35-100mmの特性を出せたかなと思います。
フワッとした感じは、この借りモノの松レンズの凄さがだしているのだと思います。
欲しいけれど、高いし、重いです。

by kiyo (2010-04-25 11:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

いよいよ、最新のフラグシップ機の予約発売開始。E-5発売キャンペーン。
フラグシップと同等の機能を軽量化し、さらに機能アップしたE-30です。
E-30に迫る性能を凝縮した超小型一眼レフを使ってみませんか?
EVFも装着可能になったオリンパスのマイクロフォーサーズ機の上位機種登場です。
いよいよ登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ機を如何ですか?
MYBOOKで、オリジナルフォトブックを作ってみませんか?
簡単MYBOOKならば、写真をアップロードするだけで、フォトブックができます。