So-net無料ブログ作成
検索選択

    20109月にオリンパス講座第二回写真展が97日から開催されました。

    PhotoArtist 2010写真展  ギャラリー・ルデコ 3F(渋谷)

   「小湊鐵道で表現する十人十色の風景」

   大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。

 

journey_dm_F_240x165.jpg 第2回目となる8Jクラス写真展「Journey」が10月に開催されました。

 場所は、九段下にあるGallery CORSOです。

 

 大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。 

 

 

 

よろしければ、こちらの新しいURLへご変更下さい。

http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp

2011年を機会にblogを新装しました。「Kiyo's blog 2011をよろしくお願いいたします。

E-5の『ドラマチックトーン』で撮ってみました。 [徒然な話]

今日は、フォトパス感謝祭でのE-5の体験からです。
新しいE-5には、10種類のアートフィルターが搭載されました。

その中に、新しい『ドラマチックトーン』というアートフィルターが搭載されています。
オリンパスのE-5のサイトでは、以下のように説明されています。
『局所的なコントラスト変化からつくり出される現実ではありえないような明暗によって、
 実際の空間をフィクションのような作風に仕上げます。』

一つには、HDRとは全く別の処理ながら、輝度差のある写真において、暗い部分を持ち上げること。
一つには、ライトトーンなどと全く逆に、輝度差のある写真のメリハリを、より強調すること。
また、暗部には、ラフモノクロに似た粒子状・煙上の処理を施して、破綻を防ぎながら、メリハリを実現しています。

そこで、フォトパス感謝祭でお借りしたE-5では、多くの写真をJPEG+RAWで撮りながら、その『ドラマチックトーン』で撮影してみました。
果たして、普段使いに使用できるのか?
はたまた、風景に使えるのか?
そして、身近なスナップや、究極的にはポートレートに使用できるのか?
などを探るためです。

結論としては、見て頂ければわかりますが、ちょっとアクが強くて、メリハリがありすぎますが、結構、いろいろなモノが撮っても、可笑しくないようです。
ただ、ポップアートに似て、無意味に撮ると、アクの強さが出すぎるので、意識しながら撮る事が重要です。

また、画像処理をする関係で、結果的に、ISO感度を上げての撮影に適しているかもしれません。
下の2)や、7)の画像を見ても、ISO1000とか、ISO1600とは分かり難いです。
それは、暗部が、丁度良いあんばいに、『ドラマチックトーン』で処理されるからかもしれません。

ただ、何でも、『ドラマチックトーン』が良いという訳ではない例として、10)、11)、12)を用意しました。
窓の外の青空、雲の撮り比べですが、ピクチャーモードの「NORMAL」で撮影した一枚が、青空の色がキレイです。
『ドラマチックトーン』は、メリハリを付けすぎるので、色が濃く・黒みがかったしまいます。
キレイな色、ポップな色、原色を活かしたい場合には、他の方法での撮影をされることをお奨めします。

1)150mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮る斎藤功一郎先生。
P1010158_1000x750.jpg
2)150mm F2.0松レンズで、ISO1000で『ドラマチックトーン』で撮った会場のライト。
P1010160_1000x750.jpg
3)35-100mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮るアキバの景色。
P1010161_1000x750.jpg
4)35-100mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮ったレンズコーナー。
P1010162_1000x750.jpg
5)35-100mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮るアキバの景色。その2
P1010163_1000x750.jpg
6)35-100mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮る会場内のポール。
P1010164_1000x750.jpg
7)35-100mm F2.0松レンズで、ISO1600の『ドラマチックトーン』で撮るMCの女性。
P1010173_1000x750.jpg
8)35-100mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮るアキバの景色。その3
P1010175_1000x750.jpg
9)35-100mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮るアキバの景色。その4
P1010177_1000x750.jpg
10)14-35mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮るアキバの景色。その1
P1010185_1000x750.jpg
11)14-35mm F2.0松レンズで、比較用にピクチャーモード「Normal」で撮るアキバの景色。
 やはり、空の青さは、普通に撮った方がキレイです。
P1010186_1000x750.jpg
12)14-35mm F2.0松レンズで、『ドラマチックトーン』で撮るアキバの景色。その2
P1010191_1000x750.jpg




nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 11

コメント 2

penny

ドラマチックトーンですか、まんまHDRっぽいショットもありますね。ビルがCGみたい。
by penny (2010-09-29 00:35) 

kiyo

pennyさん、
niceとコメントありがとうございます。
ドラマチックトーンは、使い出がありそうです。
露出合成的なシーンから、ドラマチックなシーンまで使えそうです。
by kiyo (2010-10-02 09:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

いよいよ、最新のフラグシップ機の予約発売開始。E-5発売キャンペーン。
フラグシップと同等の機能を軽量化し、さらに機能アップしたE-30です。
E-30に迫る性能を凝縮した超小型一眼レフを使ってみませんか?
EVFも装着可能になったオリンパスのマイクロフォーサーズ機の上位機種登場です。
いよいよ登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ機を如何ですか?
MYBOOKで、オリジナルフォトブックを作ってみませんか?
簡単MYBOOKならば、写真をアップロードするだけで、フォトブックができます。