So-net無料ブログ作成
検索選択

    20109月にオリンパス講座第二回写真展が97日から開催されました。

    PhotoArtist 2010写真展  ギャラリー・ルデコ 3F(渋谷)

   「小湊鐵道で表現する十人十色の風景」

   大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。

 

journey_dm_F_240x165.jpg 第2回目となる8Jクラス写真展「Journey」が10月に開催されました。

 場所は、九段下にあるGallery CORSOです。

 

 大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。 

 

 

 

よろしければ、こちらの新しいURLへご変更下さい。

http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp

2011年を機会にblogを新装しました。「Kiyo's blog 2011をよろしくお願いいたします。

E-5で撮る。12月の原宿・竹下通り付近から。それと、夜景・イルミネーション撮影での露光間フォーカスのお話。 [徒然な話]

イルミネーション撮影に大活躍の2つのワザのご紹介です。
夜景、イルミネーション撮影というと、単調になりがちです。

そこで、よく行われるのが、「露光間ズーム」と、「露光間フォーカス」というワザです。
話は、簡単で、ちょっと長めのスローシャッター気味にして、
その間に、ズームをズラしたり、フォーカスをズラしたりするだけです。
ただ、スローシャッターによる長時間露光と、ブレの問題がありますので、
可能であれば、手持ちよりは、三脚の使用をお奨めします。

○シャッタースピードは、扱える範囲で適度に。1/30〜1秒程度でしょうか?
 露光間フォーカスは、短めで大丈夫ですが、
 露光間ズームは、長めでないと、ズームが端から端まで回り切らないかもしれません。
○均等にズラしながら露光すると、均等の結果になります。
○どちらかの端で、長めに露光すると、長い露光側がクッキリ残ります。
○特に、露光間ズームや、回して名古屋撮りですと、フラッシュを併用すると、
 フラッシュが当たる中心部だけクッキリ映ります。

また、最近の多くのデジタル一眼カメラで備わってきた「多重露光」の機能を併用すると簡単です。
○露光間フォーカスでは、ピッタリピントが合った一枚と、玉ボケがでる程ボカした一枚を
 多重露光で重ねるとキレイに撮れます。

まずは、六本木けやき坂で、東京タワーもクッキリ見える一枚です。
EC052085_1280x960.jpg
次に、マニュアルフォーカスで大幅にズラして、光源が玉ボケになった一枚です。
EC052088_1280x960.jpg
そして、多重露光で重ねた風なのが、こちらの一枚です。
EC052087_1280x960.jpg
簡単な手順としては、
ぶれたり、ズラしたりしないように、三脚での利用をお奨めします。
2枚撮りの多重露光の設定にします。
オートフォーカスの設定は、可能であれば、AF+MF設定が楽です。
なければ、MFのみでも大丈夫です。
1枚目は、普通に、AFして撮ります。
2枚目は、AF+MFでズラしながらか、MFで大きくズラして、玉ボケを作った一枚を撮ります。
これで、多重露光の合成されて、気に入った一枚になれば完成です。

やり易い手順に変更しても良いと思います。
手持ちの場合には、先に、AF+MFで大きくズラした一枚を撮ってから、AFで普通に一枚を撮る方が、
ぶれないでキレイに撮れるかもしれません。

こちらが、先日の横浜赤レンガ倉庫での露光間ズームです。
特に露光間ズームは、軌跡がキレイな直線を描くので、三脚でないと難しいです。
EC072886_1280x960.jpg

せっかくのクリスイルミネーションのキレイな時期です。
お試し下さい。


今日の写真は、12月5日のPHaT PHOTO写真教室の「フォトレシピ 煌めくイルミネーション撮影会」で訪れた原宿・竹下通りでのスナップからです。

この日のスケジュールは、
14:45 PHaT PHOTO原宿教室集合
15:00-16:00 イルミネーション撮影のポイントを作例など見ながら座学
その後、移動して、六本木・けやき坂のイルミネーション撮影、
移動して、
汐留のイルミネーション
解散
ということで、原宿に集合しました。
その前に、撮ったスナップが、今日の写真です。

機材は、いつものE-5+ZD14-35mm F2.0SWDです。
1)竹下通りはいつも賑やか。
EC051992_1280x960.jpg
2)竹下通り口。その2
EC051994_1280x960.jpg
3)竹下通りの看板も多少クリスマスっぽいでしょうか?
 多分、クリスマス近くになると、もう少し変わるのではないでしょうか?
EC052009_1280x960.jpg
4)12月と言う事もあってか、普段の日曜日以上に混んでいます。
 気になるのは、右端の可愛い娘でしょうか?
EC052007_retouched_1280x960.jpg
5)この日、ハローキティのピンクのつなぎを着た不思議なお兄さんが居て、
 それを、はちまき姿のおじさんが、ビデオ撮りしている不思議が光景。
EC052010_1280x960.jpg
6)ステキな光景に、ステキな後ろ姿。こうなると、バックポートレートですね。
EC052012_1280x960.jpg
7)逆光の銀杏。
EC052015_1280x960.jpg
8)PHaT PHOTO教室手前の美容室の看板が、いつも、撮りたい気持ちを起こさせます。
EC052018_1280x960.jpg
9)ツタの絡まる建物。
EC052019_1280x960.jpg




nice!(10)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 5

なかよし

撮影会では、たいへんお世話になりました。
初めてお目にかかりましたが、コミュでお話していたので、初めてという感じがしませんでした。(^^ゞ

ここで、質問させていただいてもいいでしょうか?

多重露光についてですが、1枚目と2枚目で、絞りや露出を変えることができるようですが、ふつう、そこまではしないものでしょうか?

絞り値を変えないとすると、できるだけ大きな丸ボケを作りたい場合、望遠で絞りを開いておいたほうがいいのでしょうか?

よろしくお願いします。
by なかよし (2010-12-14 22:06) 

kiyo

なかよしさん、
書込みありがとうございます。
多重露光ですが、本来は、全く異なる撮影を合成することができます。
ですから、時間的な余裕があれば、全く異なる露出でも良いと思います。
更には、撮影済みのRAWデータとの合成であれば、レンズ交換しての多重露光も可能です。

ただ、手持ちで行う場合には、難しいので、露出は、必要な方に合わせます。
この場合ですと、玉ボケを出したいので、絞り開放にして、アウトフォーカス側も、
フォーカス側(ピントが合っている側)も同じ設定で撮ります。

玉ボケを大きくしたい場合、焦点距離の長いレンズの、一番焦点距離の長い側を、
絞り開放で使用します。

by kiyo (2010-12-15 12:14) 

なかよし

ありがとうございます。
まずは、家の近所のイルミネーションで試してみたいと思います。
by なかよし (2010-12-15 22:52) 

kiyo

なかよしさん、
書込みありがとうございます。
そうですね、いろいろ試してみてください。

多重露光は、私もやってみましたが、
「月」を望遠レンズで撮って、標準レンズで撮った「街並み」と
重ねると面白いですよ。

by kiyo (2010-12-16 09:45) 

萌音

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。
by 萌音 (2014-02-19 16:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
いよいよ、最新のフラグシップ機の予約発売開始。E-5発売キャンペーン。
フラグシップと同等の機能を軽量化し、さらに機能アップしたE-30です。
E-30に迫る性能を凝縮した超小型一眼レフを使ってみませんか?
EVFも装着可能になったオリンパスのマイクロフォーサーズ機の上位機種登場です。
いよいよ登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ機を如何ですか?
MYBOOKで、オリジナルフォトブックを作ってみませんか?
簡単MYBOOKならば、写真をアップロードするだけで、フォトブックができます。