So-net無料ブログ作成

    20109月にオリンパス講座第二回写真展が97日から開催されました。

    PhotoArtist 2010写真展  ギャラリー・ルデコ 3F(渋谷)

   「小湊鐵道で表現する十人十色の風景」

   大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。

 

journey_dm_F_240x165.jpg 第2回目となる8Jクラス写真展「Journey」が10月に開催されました。

 場所は、九段下にあるGallery CORSOです。

 

 大盛況の内に、無事に終了致しました。ありがとうございます。 

 

 

 

よろしければ、こちらの新しいURLへご変更下さい。

http://kiyo2011.blog.so-net.ne.jp

2011年を機会にblogを新装しました。「Kiyo's blog 2011をよろしくお願いいたします。

iPhoneでの撮影、4月の状況あれこれと。 [iPhone3GS撮影]

iPhone 3GSでの撮影も、そのレトロな撮影感覚は、デジタルなんですが、
今時の何でもカメラ自体で万能なコンパクトデジタルや、
ある意味、手持ちでなんでも撮れるデジタル一眼レフとは、
一線を画したフィルム的な世界観があります。

なんといっても、3GSになって、オートフォーカスがやっとついたとは言っても、
F2.8の焦点距離3.85mmのズームもなければ、手振れ補正もないカメラ機能です。
もちろん、フラッシュもありません。

と言う事は、ぶらさないコト、
身をもって被写体に近づいたり・遠のいたりするコト、
できるだけ明るいところ・明るくして撮るコト、
などが重要です。

カメラアプリに、AFポイントはタッチしたトコロがAFされますが、
露出のコントロールはできませんし、露出補正もできません。
ただ、AFしたポイントで露出するので、
 明るくしたときには、暗い=黒い被写体を、
 暗くしたいときには、明るい=白い被写体を、
 タッチすると、明るくなったり、暗くなったりして撮影出来ます。
難しいのですが、2枚の撮影中に、タッチしながら、撮影ボタンにもタッチして、
しかも、iPhone本体は動かさないというコトが必要なので、
できれば、ミニ三脚を利用したり、窓に押しつけて撮ったり、テーブルや欄干などに押しつけて
撮る事をお奨めします。

また、2枚以上撮影してのHDRカメラアプリが有効ですが、2枚の間で手振れしないコトが重要です。
HDRの2枚撮影は、明るい一枚と、暗い一枚が必要なので、まさしく上記の方法で、撮影します。
HDRカメラアプリの表示にもでますが、暗いポイントをタッチして明るい一枚と、
明るいポイントをタッチして、暗い一枚を撮ります。

1)夕景の愛宕タワー方面。HDRアプリで撮影しています。
IMG_0821.JPG
2)同じく、夕日が差し掛かる愛宕タワー。HDRアプリで撮影しています。
IMG_0827.JPG
3)浜離宮を見下ろして。HDRアプリで撮影しています。
IMG_0838.JPG
4)浜離宮越しにみる豊海〜勝ち鬨方面。HDRアプリで撮影しています。
IMG_0841.JPG
5)4)と同じですが青空を中心にして。HDRアプリで撮影しています。
IMG_0842.JPG
6)「東京さくら回廊」のバスの中から、HDRアプリで撮影。
IMG_0857.JPG
7)グラス。
IMG_0860.JPG
8)今回の人物撮影講座でのあかつき公園の噴水前での光景です。
IMG_0867_2.jpg
9)今回の人物撮影講座のモデルさんは、「中根加奈子」さんです。笑顔が可愛いです。
IMG_0870_2.jpg
10)匍匐で撮影する土屋先生
IMG_0871_2.jpg


いよいよ、最新のフラグシップ機の予約発売開始。E-5発売キャンペーン。
フラグシップと同等の機能を軽量化し、さらに機能アップしたE-30です。
E-30に迫る性能を凝縮した超小型一眼レフを使ってみませんか?
EVFも装着可能になったオリンパスのマイクロフォーサーズ機の上位機種登場です。
いよいよ登場したオリンパスのマイクロフォーサーズ機を如何ですか?
MYBOOKで、オリジナルフォトブックを作ってみませんか?
簡単MYBOOKならば、写真をアップロードするだけで、フォトブックができます。